バイク

バイクの排気量600ccと1000ccの違い

 

 

「600ccと1000ccって何が違うの?」

 

 

バイクに興味があれば、スーパースポーツの中でも一見同じように見える、「600ccのバイクと1000ccのバイクは一体どのような違いがあるのか?」という疑問を一度は持つこともあるでしょう。

そこで、全日本選手権は600ccのバイクで参戦していた経験や、2019年の8時間耐久ロードレースに向けて1000ccのバイクのテスト走行をした経験を元に600ccのバイクと1000ccのバイクの違いをご紹介します。

排気量600ccのバイク

引用:https://www.honda.co.jp/CBR600RR/

中排気量のクラスで、ミドルクラスとも言われています。

街乗りのスーパースポーツ車がベースであるため、比較的乗りやすく、パワーは約120馬力前後となっていますが、大きなサーキットを走行すると、エンジンのパワーを使い切る感じがあります。

そのため、サーキット走行に慣れてきた人にはちょうどいいサイズのバイクではないかと思います。

排気量1000ccのバイク

引用:https://www.honda.co.jp/CBR1000RR/

大排気量であり、ビックバイクとも言われるこのクラスは、各メーカーが威信をかけて開発したスーパースポーツが多く、最新技術が惜しげも無く投入されています。

さらにレースではJSB1000というクラスがあり、このクラスは改造範囲も広く、馬力は220馬力以上。
乗りやすいというより、速く走ることに特化したバイクとなっており、しっかり乗りこなすにはそれなりに技術が必要となります。

排気量600ccのバイクと1000ccのバイクで違う6つのこと

600ccのバイクと1000ccのバイクは一見すると大きな違いはあまり無いと感じると思います。

しかし、排気量の差だけでも2倍近く違うため、走行してみるとたくさんの異なる点が存在します。

1.車重
2.最高速
3.物理的限界への到達スピード
4.加速力(G)
5.コーナリングスピード
6.電子制御

実際に乗ってみた体験を元にご紹介しますね。

1.車重

街乗りの状態でのCBR1000RRとCBR600RRの車重(カタログスペック)は以下の通りです。

CBR1000RR・・・196kg
CBR600RR・・・189kg

約7kgしか変わらないのですね。
ちなみにレースでのクラスST600(600cc)と、JSB1000(1000cc)のレギュレーションを見比べてみると、

600cc・・・約160kg
1000cc・・・約165kg

※但し、あくまで最低重量となりますので、実際普通の1000ccのバイクの重量はもっと重くなるでしょう。

2.最高速は約30〜40km/h違う


鈴鹿サーキットのバックストレートを参考にすると..

600cc・・・約250〜260km/h
1000cc・・・約280〜300km/h

最高速の差だと30〜40km/hの差があります。
そうなると次のコーナーへの減速も大きく取らないといけなくなるため、より強いブレーキングも必要になるなど、600ccの時とはライディングも大きく違ってきます。

3.物理的限界への到達スピード

少し加速力と関係してはいますが、少し分けて考えさせていただきます。

1000ccのバイクはコーナリングの限界速度への到達スピードが早いともいえます。
例えば物理的に100km/hで通過できるコーナーへ向かう際に手前のコーナー立ち上がりを60km/hから加速したとします。

600ccの場合・・・80km/hでコーナーに侵入するため、減速は必要ない
1000ccの場合・・・120km/hまで加速するため、100km/hまで減速する必要がある。

極端なことを言えば600ccの場合、次のコーナーを惰性で曲がれることになりますが、1000ccのバイクだとしっかり減速する動作が必要となります。
このブレーキング動作が反対にライディングを難しくする場合もあるため、より一層1000ccのバイクが難しく感じる点だと思います。

4.加速力(G)

引用:https://www.honda.co.jp/CBR1000RR/

低回転からの加速はそんなに大きな違いを感じませんでしたが、高回転(8000回転以上)からの加速は大きく感じましたね。

特にコーナーをいい感じのスピードで脱出した時の加速はエンジンの回転数が高くなるため、そこからの加速はより一層加速Gを感じます。

5.コーナリングスピードは600ccの方が早くなる


コーナリングスピード(旋回スピード)は600ccの方が早いという印象を受けました。

ただ、1000ccのバイクはスリックタイヤのため、しっかりと荷重をかけるとよりグリップするでしょう。そのため、タイヤの性能面だけを見れば旋回スピードは600ccよりもグリップするとも言えます。

ただ、600ccと1000ccでは走らせ方が変わってきます。

600cc・・・コーナリングスピードを高くし、車速を維持する
1000cc・・・コーナーはしっかりと減速して直線的に加速する

そのため、600ccの方がコーナリングスピードを維持した走り方になるため、コーナリングスピードは600ccの方が高いとも言えるでしょう。

6.電子制御


1000ccのバイクはトラクションコントロールやオートシフターなど、最先端の電子制御が付いています。
特にトラクションコントロールシステム(TCS)は走行中に強弱の切り替えもできるため、走りながら最適な設定を考えないといけないこともあります。

600ccのバイクは、シフターは付いているものの、今のところそれ以外は全てアナログであるため、走行中に操作する必要はありません。

バイクのトラクションコントロール(TCS)は一体どういうもの?今や最近の最新バイクに標準装備されつつある「トラクションコントロール」ですが、 ・そもそもトラクションって何? ・トラクショ...
バイクのクイックシフターのメリット・デメリットを解説!レースでは必需品最近の最新バイクに装着されているバイク用の部品「クイックシフター」 シフターって聞くとなんだかカッコいい響何ですが、そもそもどんな...

見た目は同じでも600ccと1000ccのバイクは大きく違う

上記でご紹介した項目を見比べると600ccと1000ccでは同じ部分があまり見当たりませんね。そのため、全く違うバイクと言っても過言ではありません。

ただ、今回は違いをご紹介させていただきましたが、どちらが優れているということではなく、それぞれのクラスに特徴があるということを覚えておいて欲しいと思います。

このような違いを知った上でレースを観戦すると、また違った面白さを発見することができるかもしれませんね!

実際に1000ccのバイクに乗ってみた感想はこちら↓

【BMW S1000RR】 JSB1000のレーサー車両に乗ってみた去年の全日本選手権以降ほぼ1年全くバイクに乗っていなかったため、ランニングとダンベルトレーニングを行なっていましたが、そもそも、 ...

バイクでサーキットを走ってみたい人はこちらから↓

初心者必読!バイクでサーキット走行する時に知っておきたいことバイクの免許を取ったあと、毎日走るのが楽しい! でもライディングをもっと上達したいし、サーキット走行に興味がある人も多いはず。 ...

バイク買取り査定おすすめランキング

 

1位:バイク王
170万台以上の買取実績から在庫管理や配送のコストを徹底的におこなっているため、車種問わずどのようなメーカーのバイクでも高価買取してもらえます。また、出張買取も無料のため、ネットから簡単な依頼だけですぐにバイクを売ることができます。バイクの売却を考えているのであれば、まずバイク王に問い合わせておけば間違いないでしょう。
総合評価
お手軽さ メーカー・排気量・車種の入力だけで簡単査定
対応の良さ 大手買取専門店のため丁寧な人がほとんど
査定手数料 無料
ポイント 全国対応 24時間365日受付可能・事故車や不動車も買取可能

公式ページ

2位:バイクワン
充実したネットサービスとスピーディな買取が特徴。ネットでの査定はメーカー・排気量・車種・年式・走行距離と入力項目が多いが、個人情報を入力しなくてもすぐに査定の最高価格と平均価格を提示してくれます。また、公式ページでは高価買取車種を掲載しているため、バイクの売却を考えているのであれば当てはまるかどうか確認してみるのもおすすめです。
総合評価
お手軽さ メーカー・排気量・車種・年式・走行距離の入力が必要で少し面倒
対応の良さ 買取専門査定士によって丁寧な説明も実施
出張買取 無料
ポイント 全国対応 24時間365日受付可能・事故車や不動車も買取可能

公式ページ

3位:バイクBOON
ハーレーや旧車、事故車の買取に強く、他店の買取査定額より約20%ほど高く買取っている実績を持っています。カスタムをしていてもしっかり価値を判断してキッチリ買取ってくれるのがポイント。出張買取も24時間対応可能で早朝に買取ってもらいた人でにはおすすめです。ただし、ノーマルバイクの査定は弱い部分があります。
総合評価
お手軽さ メーカー・排気量・車種の入力だけで簡単査定
対応の良さ 東京、神奈川、愛知、大阪の拠点以外は対応のレスポンスが遅い傾向
出張買取 無料
ポイント 全国対応 24時間365日受付可能・HPでは査定額が上がるスロット実施

公式ページ

>>【無料】バイク王でおためし査定を受けてみる