運営者のプロフィール

運営者:モリバイカーのプロフィール

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

当メディアの運営者のモリバイカー(@moribaicar)です。

三重県鈴鹿市を拠点にサラリーマンしながら19歳の時から約9年間バイクのロードレース活動をおこなってきました。

現在はフリーランスとしてWebライター・当メディア運営のお仕事をしています。

↓ちなみにバイク診断でおすすめのバイクを調べたら【ネイキッド】でした↓

【バイク診断】16の性格診断からあなたの性格とおすすめバイクをご紹介! どんなバイクがいいのかよく分からない そもそもバイクってどんなバイクがあるの? 本当に自分にピッタリのバイクを探...

バイクのレース活動は約8年間おこなってきたため、

  • バイクに乗ることが好きな人
  • レースに興味がある人
  • バイクに興味がある人

に対し、ぼくの経験やノウハウをこのブログで発信し、もっとバイクに乗ることが好きになれるように発信していこうと考えています。

以下、運営者のこれまでをご紹介させていただきます。

ちなみに自動車業界特化税理士事務所様のメディアでもご紹介していただきました。こちらの方がカッコよく紹介されているためおすすめです↓

バイクレーサーを目指すまで

モリバイカーは和歌山県那智勝浦町で誕生し、小さいときに両親の仕事の関係で三重県鈴鹿市に引っ越して来ました。

幼少期はとにかく内気で人見知り全開。みんなとワイワイするのではなく一人で隅っこで砂遊びをしている性格でした。

ちなみに幼い時の性格って大人になっても引きずるよね!

この正確は結局小学生に上がっても相変わらず基本図書室か決まった友達と話をするだけで、目立たない人間の典型パターン。

でもその頃からマウンテンバイクを手に入れると近所の公園や山に行き、ひたすら乗り回していました。

中学に上がると、2002年のワールドカップの影響でサッカーをやりたいと思い、スポーツした事ないのにいきなり入部(しかもゴールキーパー)し、運動に目覚め始めましたね。

でも中学生って難しい年代で当時いじめもあったし、(ぼくはいじめられる側ね)勉強もやりたくない時期でテストは6点とか、挙げ句の果てに部活も辞めるでそれはもうパッとしない中学生時代でした..

で、中学時代から徐々に車に興味が出てきたんですよね。

地元の高校に進学し、心機一転勉強もやり直そうと思い、めちゃめちゃ頑張って、生徒会とかもなんでもやりましたね。

しかも体育の授業を頑張っていたらラグビー部の顧問の先生からまさかのスカウト。ガリガリながらラグビーに挑戦したりもしました。

あと、ぼくが通った高校は地元鈴鹿サーキットのすぐ近くだったんですよね。

そのため、夏休みに鈴鹿4時間耐久ロードレースの手伝いに参加するイベントがあって、たまたま参加したときに衝撃を受けることになるのです。

初めて見たレースで「これならできるじゃん」と思った

始めてレースの手伝いをしたときに間近でバイクが走っているのを見て、その音やスピードに衝撃を受けました。

今までレースをしている人は違う世界の人だと思っていましたが、普段働きながらレース活動を行なっていると聞いて、さらに衝撃です。

「自分もできるじゃん」

なぜかそういう思いが芽生えましたね。

そこで、高校卒業し、1年間ツーリングを行ってみたりしても、なんか心の中は悶々としたままで…

「ただ走っているだけでは上達しないな〜」

と思い、思い切ってレースを始めることに。

駆け出しの頃

レースを始めて間もない時なんてとにかく先輩についていこうと必死だったため、とにかく転けまくっていましたね。

某マンガじゃないですけど、とにかくイケイケで何がなんでも付いていくっていう感じです。

そんな感じでしたので、地方戦の時から基本的に上位争いか転倒のどっちかでした。

資金、仕事との両立に苦労して1度は挫折

レースってハマればハマるほどお金がかかる世界でもあるものですから、長く続けているとぶち当たるのがはやっぱりお金の問題。

特に自分はよく転倒してバイクを壊していたため、余計にお金がかかりました。

ですので。

  • レース活動
  • 3交代の仕事
  • 合間にアルバイト

3足の草鞋状態を続けて何とかレース資金を調達していました。

それでも厳しい時は、バイクの部品をヤフオクで転売して何とか借金せず全日本選手権が戦えていました。

えぇ、そうです。借金するのが怖いから全部自力で何とかしてしまう性分なんですよね…

でも寝ずに働き続けることなんて長くは続けられません。

20代前半という根性だけで動いていましたので、身体やレースの結果のことをきちんと考えていませんでした。

そのため当然レースに出ても結果なんて出ないんですよね。

そんなことを続けるうちに、どんどん目標がレースで結果を出すことから、ただレースに出ることが目標に

  • 疲労や気力
  • 仕事のトラブル

からストレスがピークに達し、一時はレースができない状態になった時期もありました。

考え方を整理して再開

そして2014年はほとんどバイクに乗らなかった時期になりました。

しかし今までは何も考えずにただガムシャラにレースをしていたものの、このタイミングで気持ちを整理する時間が取れたたんですよね。

そしてある時気力が充電できたのか、思い立って練習してみようと思いつきました。すると特に力んでいないのに、不思議と今までで一番言いタイムが出たんですよ。

その時「あ、やり方次第でもっと速くなれる」と思うことができたため、レースを再開することにしました。

で、2015年の全日本選手権にスポットで参戦した時に今までの成績が嘘のようにしっかり完走。

おまけにポイントも獲得でき、地元鈴鹿で開催されるMFJグランプリにも出場することができました。

そんなこんなで翌2016年は思い切って全日本選手権に挑戦しようと決意します。

2年間全日本選手権に挑戦


2016年から2年間は全日本選手権に参戦(2017年はフル参戦)し、日本全国を転戦しました。

もうね、とにかくキツかった…。だって普通に平日働きながらですよ。

全日本というだけあって、北は宮城県、南は大分県と、とにかく日本全国で開催されているわけですよ。

ぼくは基本サラリーマンだったので、

テスト走行は有給をねじ込む→テスト走行が終わると仕事のために鈴鹿に帰る→週末レースのために夜再びサーキットに向かう→到着したらすぐに走行

という超ハードスケジュールでした。※もちろん移動も2トントラックをメカニックさんと半分づつ運転します。

でも雨のレースの時は結構良い成績を残せたため、すごく手応えを感じた時もありました。

日本を代表するライダーと同じ土俵で走ることができましたので、たくさんのことを吸収することができました。

サラリーマンでもあった自分が、全日本選手権を2年間も参戦させていただくことができたことは支えてくれた人がたくさんいたからなんですよね。

そして一旦レース活動を引退します。

そして引き際を考えた時、改めて「働き方」について考える

今までレースをするために様々なアルバイトや仕事を経験させてもらいました。

たくさんの働き方を見ていると、

「自分は本当に今のままでいいのだろうか?」

と思うようになり、2018年に思い切ってお世話になった会社を辞め、フリーランスのライター業を軸に生計を立てることに決心します。

「フリーランス」とか、カタカナ語で言うとカッコイイかもしれませんが、簡単に言うと自営業ですよ。自営業。

会社員時代とはガラリと生活が変わりましたね。

そして今までの経験を少しでも役に立てたいと思い、バイク(車もちょっと)メディアを立ち上げはじめました。

レースでの経験・ノウハウを元にバイクの魅力を伝えます!

前の仕事とレースをやめる時に、もうバイクに乗ることはないとも思いましたので、一時期はバイクから離れようとしました。

しかし人生の中でバイクを離すことができない性格のようで、どのような形で関われるか考えながらたどり着いたのが、当ブログというわけです。

そのため当ブログでは、レースで経験した

  • バイクの知識
  • ライディングテクニック
  • レース情報
  • ツーリング情報

などを発信し、バイクに乗ることをもっと好きになってもらえるようにすることを目標にしています。

もしレースについてやバイクの情報など、「こんなことが知りたい」などの意見があれば、ぜひこちらから教えていただけると嬉しいです。

そんな感じでバイクメディアを運営していきます!

少しでも多くのバイカーのお役に立てられればと思いながら運営していきますので、バイク情報で有益と思った記事はどんどんシェアしていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

バイクレーサーがよくされる3つの質問〜レースをやる意味とは〜「バイクレースをしています!」 だいたいこの後に続く言葉。 「え〜すごーい!」 ・・・ ・・・ 「寒いね〜...
【初心者必読】バイクでサーキット走行する時に知っておきたいことバイクに乗っている人の中には、 「バイクが大好きで上手くなりたいけど街中だと思いっきり走れない...」 「もっとライテクを磨...