レース

【参考動画あり】バイクレースのスタート時のポジション取りについて

レースのスタートシーンって見ていてハラハラするし、醍醐味の一つですよね。

特にスタート後の1コーナーは混戦必須で面白いのですが、実はこのシーン、ライダー達は熾烈なポジション争いをしている最中でもあります。

そこで、

  • スタート後は何をしているのか
  • 1周目のコーナーでの走り方
  • 1周目のポジション取りの重要性

という内応をライダー目線でご紹介します。

1周目のポジション取りで今後の展開が変わってくる

全日本選手権のスポーツランドSUGO、岡山国際サーキット、鈴鹿サーキット各スタートから1周目のシーンですが、
スタート後1周目は各コーナーでバイクが密集するため、オーバーテイクするチャンスが生まれやすくなります。

その後は縦にバラけて所々で集団が形成されつつあります。

そのためジャンプアップできるチャンスは1周目と言っても良いでしょう。

スタート後の1周目は結構ごちゃごちゃしている

スタート時は結構ガチャガチャしているため、特に気をつけたいのが、

・接触して自分が転倒
・他車の転倒に巻き込まれる

でしょう。

特に密集していると前のバイクが急に進路変更して自分の行き場が無くなって接触したり、急ブレーキをかける状態になる場合もあります。

スタートについてはこちらで詳しく解説しています!↓

バイクレースのスタートってどうやるの?種類や方法を徹底解説レースの醍醐味でもあるスタートですが、実際やってみると、止まっているところから全速力で加速させるのって意外と難しいもの。 レースを...

1・2コーナーはリスクがあるがチャンスもある

スタート後の1コーナーや2コーナーで気をつけなければいけないことはやはり接触・転倒でしょう。

特に1コーナーの場合、コーナー進入に向けバイクが一気に流れ込んでくるため、しっかりとバイクの間を見つけてこちらもグイグイ行かなければ、あっという間に追い抜かれてしまいます。

しかし無理に割り込んで接触、転倒するのだけは避けたいため、「割り込む」より間を「スルスルと抜ける」というイメージで走行する方が良いでしょう。

ただ、あまり密集しているところに行くと前方で転倒があった時に自分が巻き込まれる可能性があることを忘れないようにしましょう。

イン側から進入すると考えられること

メリット・・・集団の中のインに潜り込むことができ、一気にジャンプアップできる可能性が高い

デメリット・・・行き場が無くなり接触する危険性がある

アウト側から進入すると考えられること

メリット・・・イン側に向かう集団を一気に外からまくれる

デメリット・・・イン側で行き場が無くなったバイクがはらんで接触する可能性がある。転倒したバイクが飛んで来て巻き添えを食らう可能性がある。走行距離が長くなるため、ジャンプアップは厳しい

マラソンも似たような感じ

前のペースって意外と重要であるため、最初にポジションを上げペースが速い集団に入ることで、自然とそのペースにつられて自分も同じペースで走れることがあります
反対に後ろの方に埋もれてしまうとそこから抜け出すために頑張らないといけなくなるため、無理をして余計に疲れたり転倒するリスクが大きくなります

これはマラソンと同じで、スタートしてしばらくすると上位グループと下位グループに別れ、その時どの集団にいるかにより上位フィニッシュできるかが決まってくるでしょう。

レースでの序盤ポイントとなる

それでも本当に速い人はどのようなポジションからでもグイグイとポジションアップしてくる例外的に速いライダーも存在しますが、

  • 同じようなレベルのライダーが多いレース
  • 少しレベルが高いレース

で上位を狙うためには欠かすことができない最初のポイントだと思います。

まとめ

要点をまとめると、

  • レーススタート後1周目までは密集しているため、チャンスが生まれやすい
  • 特にスタート後1・2コーナーはリスクもあるがチャンスもたくさんある
  • 序盤のポジション取りで今後のレース展開が変わってくる

散々最初のポジション取りが重要と言っていましたが、もちろんレース中盤、後半もチャンスを作り出すことができるということは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

多少自分の限界に挑戦する場面が生まれるものの、あくまで「無茶をしない」ということだけは頭に入れてレースに挑むと良いかもしれませんね。

レースの必須テクニック!オーバーテイクの方法を戦略的に解説レースの象徴とも言える追い抜きシーンですが、この追い抜きのことをオーバーテイクと言います。 そんなオーバーテイクにも様々な方法があ...
初心者必読!バイクでサーキット走行する時に知っておきたいことバイクの免許を取ったあと、毎日走るのが楽しい! でもライディングをもっと上達したいし、サーキット走行に興味がある人も多いはず。 ...