ライテク

サーキット走行でタイムを縮めるにはまずアクセルを開けること

サーキット走行でに慣れてきてタイムを測るようになると、最初は走れば走るほどタイムアップし、サーキット走行が楽しいと思います。

でも徐々にタイムが頭打ちになり、サーキット走行がマンネリ化してしまうことも…

そこで、安全にサーキット走行でタイムアップできるコツをご紹介しますね。

一番安全にタイムアップできる方法はアクセルを開けること

サーキット走行でタイムが頭打ちになってしまった時には、まず自分が本当にアクセル全開にできているのかを確認してみましょう。

「何をいまさら…」と思うかもしれませんが、実は全開にできていない場合もたくさんあるのです。

サーキット走行中は実は無意識にアクセルを開けられていないことも

サーキット走行中はバイクのスピードは公道と段違いのため実はアクセルがしっかりと全開になっていないことがあります。

特に1000ccクラスのビックバイクとなるとアクセル全開にするだけでとんでもないスピードが出てしまいますよね。

まさかと思うかもしれませんが、実はレーサーでも「全開になっていない問題」は存在するんですよね。

例えばコーナーとコーナーの間で速いライダーと遅いライダーの違いをデータで調べたら遅いライダーはしっかりアクセルを開けきれていなかったということもよくあります。

全開にできるためにはコーナーの立ち上がり方などさまざまな要素が関係してきますが一旦置いておいて、最終的にはアクセルを全開にできているかいないかでタイムが大きく変わります。

なのでやはり最初はアクセルを全開にできることを目指すことになります。

全開とはスロットルがカチッと空いている状態

アクセル前回はスロットルがカチッとストッパーに当たっている状態となります。

街乗りのバイクだとスロットルの捻り幅が大きく、手首を大きく捻らないと全開にできないことがあります。

そのため、ストレート上でまずスロットルをカチッと引っかかるところまで全開にできているか意識しながら走行するようにしましょう。

ちなみにハード面での対策は、スロットルをハイスロットル(ハイスロという)に変更し、捻り量を少なくすることができます。(ハイスロは車種によって違いますので「自分のバイクの名前」+「ハイスロ」で検索するといいでしょう)

全開区間が多く存在するだけですぐにタイムアップする

サーキット走行で速く走るためにはバイクのアクセルを開けている区間が多いほどタイムが縮まります。

ということは、全開になっている区間を少しでも多く取ることができればすぐにタイムを縮めることができます。

さらに直線での全開を目指すため、比較的安全なタイムアップ方法と言えるでしょう。

最初は怖くないところまででいい


いきなり自分の恐怖と戦い全開にしなければというわけではなく、あくまで自分の感覚を優先させましょう。

決してコーナーに我慢して突っ込むというわけではありません。

自分が「怖い」と思う感覚は本能的に危険を察知していること。

そのため、自分で制御できる限界を本能的に察知していると言えるため、この感覚は大事にしましょう。

よく根性で全開!ということも聞きますが、実は一番危険なのは制御できないことです。

それに自分の怖いと思う感覚は慣れによって鍛えられます。ということは、練習などで訓練できるということになります。

そのため、怖いと思ったら一旦そこまでにし、次の走行でまたトライしてみるといいでしょう。

一見遠回りの上達方法に見えますが、根性でアクセルを開け、無理をして転倒すれば身体もバイクもボロボロになるリスクも存在します。

リスクを避ける方法を選択するほうが長くたくさん練習することができるため、上達するチャンスも増えることでしょう。

このようにサーキット走行は実は簡単なことで安全に早く走る方法があるため、バイクに乗っている人はぜひサーキットを走ってみることをおすすめします。

初心者必読!バイクでサーキット走行する時に知っておきたいことバイクの免許を取ったあと、毎日走るのが楽しい! でもライディングをもっと上達したいし、サーキット走行に興味がある人も多いはず。 ...

ツーリング前のおすすめホテル予約サイト

1位:楽天トラベル
国内旅行の宿だけでなく、ツアーやレンタカー、高速バスなども予約することができます。
国内の宿は掲載施設数約30,000件の中から選ぶことができます。旅館やリゾートホテルも掲載されているものの、主にゲストハウスやビジネスホテルが多めの傾向であるため、安い宿を探すにも向いています。
さらに利用額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントも貯めるこrともできます。
おすすめ度
提携店数 約30,000件
特徴 旅行関連サイトの訪問者数No.1で安心・提携点数がとにかく多い

公式ページ

2位:トリバゴ
国内外の宿泊施設の料金比較が行えるサイトのため、どこよりも安く探せます。
また、全世界約190ヶ国の旅行会社と提携し、約130万件の宿泊施設の料金を比較することができます。
検索方法も場所や宿泊日を選択するだけで簡単に周辺の宿泊施設を検索してくれます。
とにかく宿を抑えたい人は、まずトリバゴで料金比較をしてみるといいでしょう。
おすすめ度
提携店数 全世界約130万件
特徴 場所や日程を選択するだけで簡単に検索できる

公式ページ

3位:ゆめやど
平日に特化しているため、提携件数は少ないものの、限定価格や限定特典などといったお得な特典がたくさんあるため、平日にツーリングに行くのであればぜひ利用したいところです。
おすすめ度
提携店数 100件以上
特徴 平日に特化した分お得な特典や割引が多数ある

公式ページ

ツーリングの前に入っておくと安心!おすすめロードサービス

JAF
車のロードサービスでおなじみのJAFはバイクでも利用することができます。
24時間いつでもパンクやバッテリー上がりなどあらゆるトラブルに対応してくれるため、ツーリング時のもしもに備えて加入しておきたいところ。さらに会員であれば全国約25,000施設を優待価格で利用できます。意外とツーリング先の宿や温泉で優待割引が受けられたりするのも嬉しいところです。
おすすめ度
サービス内容 故障全般サポート・レッカーサービス
会費 入会金:2,000円・年会費:4,000円
特典 全国約25,000施設で優待割引を利用できる

公式ページ

ZuttoRide Club
バイクの盗難保険で有名なものの、ロードサービスプラン単体での加入もできます。
故障全般サポートはもちろん、24時間対応のため、ツーリング先でのトラブルも安心です。
さらに万が一に備えて盗難保険にも加入しておけば安心してバイクライフを楽しむことができます。
おすすめ度
サービス内容 故障全般サポート・レッカーサービス
会費 ロード50(レッカー50キロまで無料):5,900円
特典 盗難保険と組み合わせると保険料がさらにお得・毎月プレゼント特典

詳細ページ公式ページ