クルマ

【自分でできる!】ハスラーのエンジンオイル交換に必要なものや手順を解説

スズキのハスラーは軽自動車の中でも人気があり、今や街中でかなり見かけるようになりました。

しかしハスラーのメンテナンスはディーラーに任せている人も多いのではないでしょうか?

特にエンジンオイルは消耗品であるため、定期的に交換しなければいけませんが、毎回お店に頼んでいたら高くつくし、そもそもお店に持っていくのが面倒なんてことも。

そんな時は思い切ってエンジンオイル交換を自分でやってみてはいかがでしょうか?

実はハスラーのオイル交換は慣れればかなり簡単で、あっという間に終わらせることができるのです。しかも自分でやるから工賃も一切かかりませんので、費用の節約にもなります!

そこで、ハスラーのオイル交換を初めての人でも自分でできるように、

  • オイル交換の手順
  • オイル交換に必要なアイテム
  • 交換時に注意すること
  • おすすめのエンジンオイル

などを写真付きで解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

【軽自動車】おすすめのエンジンオイルまとめ!コスパ重視で決めよう低燃費で税金も安い軽自動車はバリエーションも豊富で人気が高くなってきました。 しかも最近の自動車は作りもしっかりしているため、ほと...

目次

ハスラーのエンジンオイル交換をしないといけない理由

そもそもエンジンオイルを交換せずいつまでも放置しているとどうなるのでしょうか?

まず考えられるのが、エンジンオイルの役割の一つでもある潤滑面です。オイルは各部を潤滑させることでエンジン部品の金属間の摩擦を軽減しています。

そしてエンジンオイルが劣化していくと、どんどんシャバシャバになり、油膜を維持することができなくなります。

そうなるとエンジン内部品が磨耗していき、パワー不足や燃費の低下など本来の性能を発揮できなくなります。さらに劣化が進むと最悪の場合エンジンが焼きつく可能性もあります。

また、エンジンオイルは熱やエンジン内に微量ながら侵入してくる水分が混入することによってエンジンオイル自体は放っておいてもどんどん劣化していきます。

ハスラーの推奨エンジンオイル交換時期は10,000キロに1回

ハスラーのエンジンオイルの交換頻度はどれくらいが良いのでしょうか?

車の種類や使用状況によって違うものの、一般的には10,000〜15,000キロまたは1年に1回とも言われています。

実際にハスラーのサービスマニュアルを見てみると、

ハスラーのサービスマニュアル

標準的な使用方法では、エンジンオイルは10,000km(ターボ車は5,000km)ごと、または6ヶ月ごとのどちらか早い方で交換します。
ただし厳しい条件(シビアコンディション)で使用した場合は標準的な場合より早めの交換が必要です。

と記載されています。

また、軽自動車は使用するエンジン回転数が高めになるため、3,000キロに1回の方がいいと言われていることも。

ちなみに筆者は高速道路を使っての遠出も頻繁にするため3,000キロに1回交換しています。

ハスラーのエンジンオイルの交換にかかる費用

ハスラーのエンジンオイル交換にかかる費用を計算してみましょう。

お店でエンジンオイル交換してもらった場合

ディーラーやカー用品店、ガソリンスタンドでオイル交換をしてもらった場合、オイルの費用に加えて以下の工賃が発生します。※工賃はあくまで目安です!

  • エンジンオイル交換工賃・・・1,620円
  • オイルフィルター交換工賃・・・540円

エンジンオイルとオイルフィルター交換をセットで行えば工賃2,160円くらいが必要となります。

さらにお店でオイル交換を行えば、オイルの種類が指定されていることが多く、さらにオイルの料金相場は1Lあたり1,000円ほどとなっています。

そのため、1回のエンジンオイル交換にかかる必要はおよそ4,000〜5,000円が相場ともいえます。

自分でオイル交換した場合

では自分でオイル交換をしてみた場合で考えてみると、オイル交換に必要な工具の金額を計算してみます。

合計9,268円となります。

オイルドレンツールやオイルジョウゴがなくてもオイル交換ができるため、さらに費用を抑えることも可能です。

さらにエンジンオイルの価格帯はメーカーやグレードによって違うものの、4Lで2,500〜3,500円ほどが相場となっています。

ハスラーのエンジンオイルの使用量は2.4〜2.6Lですので、1回あたりの交換費用は1,500〜2,275円くらいとなりますね。

交換だけで考えるとお店でオイル交換する金額の半分くらいの金額で済ませることができますし、初期費用も考えると3〜4回ほど自分で交換すれば元が取れる計算になります。

では次にハスラーのオイル交換に必要な道具について詳しく見ていきましょう。

ハスラーのエンジンオイル交換を自分でやるために必要な道具

前項でも触れましたが、ハスラーのオイル交換を自分でやるには、以下の道具を用意する必要があります。

カー用品店だけでなく、全てホームセンターのカー用品コーナーでも購入できます。

また、一つ一つ探すのが面倒な人はネットで一気に購入してもいいでしょう!

カースロープ

エマーソン カースロープ 2個入り EM-214 耐荷重2t 乗り上げ高65mm 全長700mm EM214

車のフロント部分を持ち上げて下に潜り込みやすくするためのものです。

ハスラーなら高く持ち上げなくてもドレンボルトに手が届くため、全高がなくても問題ありません。

created by Rinker
エマーソン(Emerson)
¥4,511
(2019/10/22 20:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

レンチ

トネ(TONE) ロングめがねレンチ(45°) HPM45-1214 二面幅12×14mm

ハスラーのドレンプラグのサイズは14mmとなっています。

また、ドレンプラグは何回も閉めたり緩めたりして頭をなめやすくなってしまうため、きちんと精度が出ているメーカー品を購入した方がいいでしょう。

created by Rinker
トネ(TONE)
¥827
(2019/10/22 20:49:12時点 Amazon調べ-詳細)

オイルドレンボルトツール

(STRAIGHT/ストレート) マグネットオイルドレンボルトツール 19-8201

ドレンプラグを取り外す時にエンジンオイルが一気に飛び出して手がベトベトになります。

そんな時はオイルドレンツールをドレンボルトの頭に付けて回せば、手を汚さずに取り外せます。

先端がマグネットになっているため、ほとんどのボルトで使用することができます。

created by Rinker
ストレート(STRAIGHT)
¥1,242
(2019/10/22 20:49:13時点 Amazon調べ-詳細)

オイル受け皿

【アストロプロダクツ】AP オイルパンスクエア6L ネット付

廃油をキャッチさせるための受け皿となります。

ハスラーのエンジンオイル量を考えると3L以上の容量の受け皿が必要となります。

また、廃油処理ができない時は廃油処理BOXを使用すれば可燃ゴミとして廃却することができます。

created by Rinker
アストロプロダクツ
¥583
(2019/10/22 23:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
エーモン(amon)
¥210
(2019/10/22 20:49:08時点 Amazon調べ-詳細)

オイルジョッキ

TRUSCO(トラスコ) オイルジョッキー 4リットル TJ-680

新品のオイルを入れるためのジョッキとなります。

ジョッキには目盛りがついているため、おおよそ1回分のエンジンオイル量を計量することができます。

また、先端のノズルが長くオイルが入れやすいものを選びましょう。

オイルジョウゴ

エーモン オイルジョウゴ 5枚入 Y111

ハスラーのエンジン低い位置にあり、オイルが入れにくくなっているため、投入口に命中せずに溢れてしまう可能性があります。

そのためジョウゴで投入口を広げておいてからジョッキで注ぐといいでしょう。

created by Rinker
エーモン(amon)
¥190
(2019/10/22 20:49:13時点 Amazon調べ-詳細)

ドレンワッシャー

(STRAIGHT/ストレート) ドレンパッキン スズキ用 10ピース M14 09618-14012 19-17016

ドレンプラグについているドレンワッシャーは消耗品ですので、毎回新品に交換する必要があります。

14mmのボルト用のドレンワッシャーを選びましょう。

created by Rinker
STRAIGHT/ストレート
¥315
(2019/10/22 23:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

パーツクリーナー

ワコーズ BC-8 ブレーキ&パーツクリーナー8 中乾性タイプのブレーキ・パーツ洗浄スプレー A188 650ml A188 [HTRC3]

溢れたオイルやドレンプラグに付いたオイルを洗浄するためのものとなります。大抵の油汚れはこれさえあれば綺麗になります。

ホームセンターにある1本200円くらいのものでも構いませんが、安いものだと速乾性があってすぐに使い切ってしまうため、ワコーズなどの中乾性のものを使用する方がトータル的にお得となります。

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥1,190
(2019/10/22 14:28:54時点 Amazon調べ-詳細)

ウエス

高儀 白ウエス 約1kg

パーツクリーナーとセットで溢れたり飛び散ったオイルをふき取るために使います。

紙製のウエスは地面を拭いた時にすぐボロボロになってしまうため、布製のウエスを使用する方がいいでしょう。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥492
(2019/10/22 20:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

ハスラーのエンジンオイル交換を自分でやる手順

ハスラーのエンジンオイル交換を自分でやる方法をご紹介します。

  1. 前輪をカースロープに乗せる
  2. ボンネットを開ける
  3. ドレンボルトを外してエンジンオイルを抜く
  4. ドレンワッシャーを新品に交換してドレンボルトをしめる
  5. エンジンオイルを入れる
  6. オイル量を確認する

初めてオイル交換する人にとっては一見かなり大変に思うかもしれませんが、慣れれば10〜15分くらいで終えることもできますので、わざわざお店に行って交換してもらうよりも早く済ますことができるんですよね!

また、自分で車をいじっている感覚になり車への愛着も湧きます!

では一つずつ見ていきましょう!

①前輪をカースロープに乗せる

カースロープに乗せる

カースロープをフロントタイヤの走行ライン上に置き、フロントタイヤを乗せていきます。

スロープに乗せたら必ずパーキングブレーキをかけておくことも忘れずに。

気になる人はタイヤストッパーをしておいてもいいでしょう。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥759
(2019/10/22 23:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

アクセルを踏み込む時は踏みすぎて飛び出さないように徐々に踏み込んでいきましょう!

②ボンネットを開ける

ボンネットのレバー

ボンネットのロックを解除します。運転席のドア付け根にロック解除のレバーがあるため引っ張ると…

ボンネット半開き

ボンネットが半開きになります。このままでは開きませんので、フロント側のボンネットロックのレバーを手で持ち上げながらボンネットを上げます。

ボンネットを上げたらスタンドをかけましょう。

ボンネットのスタンド

③ドレンボルトを外してエンジンオイルを抜く

ドレンボルトの位置

車の下に潜り込んでオイルパンの下についているドレンボルトを緩めていきます。

ハスラーはドレンプラグが後ろ側に付いているため、車の下に潜り込まなければいけません。

ドレンボルトを緩める

緩める方向は「反時計回り」または「”の”の字の反対」と覚えておきましょう!

ドレンプラグを緩める時はボルトの頭をなめないようにレンチをしっかりはめ込みましょう。

車の下に潜り込む時は服が汚れないように新聞紙を敷いてもいいでしょう。もしくはメンテナンス用の台車を利用するのもおすすめです。

ドレンプラグを緩めたらオイルが滲み出てくるため、下にオイル受けをセットしておきましょう。

オイルが抜ける

ドレンプラグを緩めたら完全には外さず、オイルドレンボルトツールを使って取り外します。そうすることでドレンボルトをオイル受けに落とさず取り外せます。

オイルドレンボルトツール

ドレンプラグを抜くとオイルが勢いよく抜けるため、オイルの軌道上にオイル受けがくるように設置します。命中しないと地面が大変なことになります!

ポタポタと滴るぐらいまでしっかりオイルを抜き切ります。

④ドレンワッシャーを新品に交換してドレンボルトをしめる

ドレンプラグを洗浄

外したドレンプラグはパーツクリーナーで洗浄し、ドレンワッシャーを新品に交換します。

ドレンワッシャーは潰れることでオイルパンとの密着性を保っているため、取り外したワッシャーは新品に交換しなければいけません。

新品のワッシャーと見比べると、古いほうはボルトの跡がついているのがわかります。

ドレンワッシャー

ドレンプラグを締め込んでいきます。一応規定トルク(35N・m)がありますが、手でしっかり締めても構いません。

ドレンプラグを締める時は一度軽く締め込んでワッシャーをなじませたあと、再び少し緩めて本締めをしましょう。そうすることで密着性が向上します。

⑤エンジンオイルを入れる

オイル投入口

エンジンルームのオイル投入口からエンジンオイルを入れます。

オイルを入れる

ハスラーのエンジンオイルは2.4〜2.6Lのため、オイルジョッキの目盛に合わせて移していきます。

オイルジョッキ

オイルの投入口はエンジンの左側にありますので、キャップを緩めてオイルを投入します。

オイル投入口

オイルをこぼさず入れるにはジョウゴを利用しましょう。こぼしてしまったら、そのままにせずパーツクリーナーとウエスで拭き取ります。

⑥オイル量を確認する

オイルレベルの確認

オイルジョッキ内のオイルを一気に入れるのではなく、2Lほど入れた後は一旦オイルレベルゲージでオイル量を確認しましょう。

抜き取ったオイルレベルゲージを一旦ウエスで拭き取り、再度元の位置に差し込みます。

オイルを拭き取る

そして再び抜き取って先端の丸と丸の間にオイルがあれば適量ということになります。

オイルレベル

足りない場合は少しずつオイルを入れ足しながら確認しましょう。

上限の穴位置を超えてしまっても少しくらいなら問題ありません。

キャップを閉める

最後にキャップを閉めて完了です!

ハスラーのオイルフィルター交換頻度は10,000キロごとに1回のため距離によっては同時に交換する

オイルフィルターはエンジンオイルが運んできたエンジン内の汚れを除去する働きがあるため、長時間使っていると汚れを除去できなくなります。そのため定期的に交換する必要があります。

ハスラーのオイルフィルターの交換頻度は10,000キロごとに1回とされています。

メーカーのエンジンオイル交換推奨頻度である10,000キロに1回の割合だと、毎回エンジンオイル交換するごとにオイルフィルターも交換することになりますね!

また、軽自動車のエンジンオイル交換の頻度としてよく言われている3,000キロで交換している場合は、オイル交換3回に1回の頻度でオイルフィルターを交換すればいいでしょう。

オイルフィルターの値段の相場は500〜1,500円くらい

オイルフィルター (スズキ/ハスラー) LO-9204K (DAA-MR41S 2015/05-)

ハスラーのオイルフィルターは、

  • 純正品・・・1,000円くらい
  • 最安値・・・500円くらい
  • PIAABOSCH・・・1,200〜1,500円くらい

となります。

安いものでも品質的には問題ありませんが、車のパーツで有名なPIAABOSCHなどから販売されているオイルフィルターは磁石が2重構造になっていたり、より強力な磁石で洗浄性が良いというメリットがあります。

そのため、もしオイル交換頻度が10,000キロに1回であればオイルフィルターもそれなりにしっかりしたものを使う方がいいでしょう。

オイルフィルター交換にはフィルターレンチも必要

オイルフィルター交換をするにはフィルターレンチという工具も用意しておく必要があります。

フィルターレンチには3種類のタイプがあります。

KTC (京都機械工具) カップ型オイルフィルターレンチ AVSA-064 オイルフィルターレンチ プライヤー式 オイルエレメント交換 工具 【安心60日保証付き】 シグネット オイルフィルターレンチ (65-83MM) 46918
カップ型 プライヤー型 バンド型

ハスラーのオイルフィルターは下側に向けて取り付けられているため、プライヤー型やバンド型だと取っ手部分がエンジンに当たりうまく回せないため、カップ型のレンチを使用することをおすすめします。

ハスラーのオイルフィルター交換方法

ハスラーのオイルフィルターの交換方法は以下の通りとなります。

  1. エンジンオイルを全て抜く
  2. カップ型フィルターレンチでオイルフィルターを緩める(反時計回りで緩む)
  3. 新しいオイルフィルターのゴムパッキン部にエンジンオイルを塗る
  4. オイルフィルターを規定トルク(14N・m)で締込む(時計回りで締まる)
  5. エンジンオイルを入れる

オイルフィルターを外す時はエンジンオイルを全て抜いてから行いましょう。もしエンジンオイルを抜いていなければ、オイルフィルターを取り外した部分からオイルが大量に飛び出してきます。

また、オイルフィルター内にはオイルが残っているため、緩めるとオイルが滴り落ちて来ます。そのため下には必ずオイル受けを用意することも忘れずに。

そして新しいオイルフィルターのゴムパッキンには新品のエンジンオイルを塗ります。ゴムの密着性が高くなり、オイル漏れを予防します。

オイルフィルターを締め込んで行く時は締めすぎないように注意しましょう。締め込みすぎるとゴムパッキンが潰れて切れることがあります。

オイルフィルター交換後のオイルの量は、

  • S-エネチャージ装備の場合・・・2.6L
  • S-エネチャージではない場合・・・2.8L

となり、通常のオイル交換と比べて0.2Lほど多く入れなければいけません。

もちろんこの数値はあくまで目安であるため、オイルレベルゲージを見て適切な量に調整しましょう。

ハスラーのエンジンオイルを自分でおこなう時に注意すること

ハスラーのエンジンオイルを交換する時は、車の下に潜り込んだりボンネットの中に手を入れる必要があるため、危険がともないます。

またオイルが溢れると地面がシミのように汚れるどころかタイヤに付着すればスリップすることも考えられます。

そのため、オイル交換を自分でするときは以下のことに注意する必要があります。

  • カースロープに乗せたときはしっかりパーキングブレーキもかける
  • 火傷防止のためエンジンを回した直後の状態でオイルを抜かない
  • エンジンオイルが地面に落ちたらウエスとパーツクリーナーで掃除する

どれも重要ですので、一つずつ目を通しておきましょう!

カースロープに乗せたときはしっかりパーキングブレーキもかける

車体をカースロープに乗せたら、車が後退しないようにしっかりパーキングブレーキをかけておきましょう。

もし車の下にもぐり込んでいる時に何らかの原因で車が下がってくれば挟まれてしまう危険性があります。

オイル交換は1人で作業することが多いため、万が一の時に一人だと何もできなくなるため、安全確保のためにしっかり確認してから作業を始めるようにしましょう。

さらに車止めをしておけばより安全に作業ができるでしょう。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥759
(2019/10/22 23:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

火傷防止のためエンジンを回した直後の状態でオイルを抜かない

長時間エンジンを回した状態ではエンジンオイルが高温になっているため、そのままオイルを抜こうとすれば火傷をしてしまう危険性があります。

特にドレンプラグを抜く時にオイルが飛び跳ねてしまうことが多く、手や腕に付くといつまでも火傷の跡が残ってしまうこともあります。

そのため運転した後にエンジンオイルを交換するときはエンジンを切って数十分放置し、エンジンオイルを冷ますようにしましょう。

また、冬場にエンジンオイルを交換するときはオイルが抜けやすくなるように温めることもありますが、数分アイドリングをする程度にし、くれぐれも温めすぎないようにしましょう。

エンジンオイルが地面に落ちたらウエスとパーツクリーナーで掃除する

エンジンオイルは飛び散って地面に落ちてしまうこともあるでしょう。そんなときはパーツクリーナーとウエスでしっかり油分を拭き取りましょう。

エンジンオイルは放っておくとシミになることが多く、地面が汚れるとかなり見栄えが悪くなります。

ちなみに地面を拭くときは紙製のウエスだとすぐにボロボロになってしまうため、布製のウエスを使用するほうがいいでしょう。

created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥492
(2019/10/22 20:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

ハスラーのエンジンオイル交換の時に使うおすすめのエンジンオイル

ハスラーに使用するエンジンオイルの推奨粘度を見てみると、

  • ターボなし車・・・0W-20・5W-30
  • ターボ車・・・5W-30

となっています。また、新車時は0W-20の粘度が使われています。

この粘度になると「低燃費オイル」とも言われていますので、燃費に影響を出したくない人は同等の粘度のエンジンオイルを使うことをおすすめします。

ちなみにメーカー推奨のエンジンオイルは、

となります。

また、カストロールからも低燃費の上級エンジンオイルが販売されています。

カストロール エンジンオイル EDGE 0W-20 4L 4輪ガソリン車専用全合成油 SN/GF-5 Castrol

燃費も良く長期間にわたり品質をキープすることを重視して設計されたカストロールエッジ4Lで4,808円とそれほど高くありません。

オイル交換を引っ張りたい人にとって長持ちするこのエンジンオイルはおすすめです!

さらに、エンジンオイルは良いものを入れて少しでもエンジンの負担を軽減してあげたいと考えている人は、ワコーズのPRO-S30がおすすめです。

ワコーズ PRO-S30 プロステージS 0W30 高性能ストリートスペックエンジンオイル E225 4L E225 [HTRC3]

4Lで6,630円と価格は少し高めですが、低排気量はもちろん、大排気量やターボ車まで幅広いグレードのエンジンに対応しています。

粘度も0W-30と適度であるため、燃費性能も良く油膜切れも起こしにくい高品質なオイルとなります。

まとめ:自分で交換すれば節約はもちろん車の知識も付く!

ハスラーのエンジンオイル交換についてご紹介しました。

確かに最初は慣れずにかなりの時間がかかるかもしれませんが、車は整備しやすいようにもできているため、慣れてしまえばかなり早く終わらすことができるのです。

また、道具さえ揃えてしまえばあとはオイル代だけで済ますこともできますので、費用を抑えたいと考えるのであれば安いエンジンオイルを選んだり、浮いた費用でさらに上級オイルを選ぶなど、自分好みにオイルを変えることも可能です。

また、自分でエンジンオイルを交換すれば車への知識だけでなく愛着も湧くため、車をメンテナンスするきっかけ作りになるため、より長持ちさせることに繋がります。

そのため愛車のエンジンオイル交換をぜひ自分でしてみてはいかがでしょうか!?