ライテク

【真冬のバイク走行前に必読】冬場のサーキット走行で気をつけること

12月・1月・2月の真冬の時期はレース自体開催されることは滅多にありませんが、サーキット走行自体は年中無休で行われていることがほとんどとなります。

また、冬場の走り込みはいいトレーニングになるため、しっかり走りたいところ。

そこで、

  • 冬場のサーキット走行で気をつけること
  • 冬場を走るとバイク的に有利な部分

といった内容をご紹介します。

タイヤをしっかり温める


冬場のタイヤはカチカチで、街乗りで使えるスポーツタイヤであればある程度グリップするものの、レーシングタイヤの場合は全くグリップしません

そのため、タイヤウォーマーでしっかりとタイヤを温めるようにしましょう。

タイヤは適正温度がある

タイヤの適正温度はタイヤのよって違うものの、だいたい60〜80℃になるとしっかりとグリップするようになります。

春先や夏場では走行中に温度が上昇してしまい、タイヤもオーバーヒートしてしまうこともあります。

しかし冬場は路面も冷たく、走行風によってさらに冷やされてしまうため、

適正温度よりも低くなる」→「グリップしなくて走行が慎重になる」→「ますますグリップしなくなる」→「さらにタイヤの温度も低くなる
という悪循環になります。

そのため、適正温度を維持するには、

  • タイヤウォーマーで事前にタイヤを温める
  • ある程度ハイスピードを維持してタイヤを発熱させる

といったことが重要になるでしょう。

ただし、タイヤに熱を入れなければといって無茶をして転倒してしまわないように十分に注意してください。

冷えたレーシングタイヤはプラスチックのように硬い

レーシングタイヤは熱を与えることで柔らかくなり、初めてタイヤとしての機能を果たします。

そのため、冬場の冷たいレーシングタイヤは触るとプラスチックのようにカチカチになっています。

もしこの状態で走行するとどうでしょう….考えるとゾッとしますよね。

大丈夫です。筆者はリアルに1000ccのバイクに乗っている時に経験しました。もちろん一瞬の出来事でした…

そのため冬場の走行はタイヤウォーマーは必需品となります。

人間の方もしっかりと温めていく


寒いと人間の体の動きも固く、いきなりバイクに乗っても満足に体を動かすことができないでしょう。

ウォーミングアップや準備体操には以下の効果があります。

  • ケガを防ぐ
  • 本来にパフォーマンスを発揮する

ケガを防ぐ

体を動かすことで筋温が上がり、県や腰を柔らかくすることができるため関節の可動域が大きくなります。

そのため、転倒して過度の伸展やねじれによる肉離れや腱断裂などのリスクを減らすことができます。

本来のパフォーマンスを発揮する

ウォーミングアップで徐々に体を動かすことで徐々に心拍数や呼吸数を走行中のレベルまで持っていくことができ、心臓や肺への急激な負担を減らすことができます。

そのため、走り出しから集中して走ることができます。

冬場のサーキット走行で一番影響を受けるのはライダー自身

気温の低い冬場の影響を受けるのはライダー自身であるため、上記で説明したように、しっかりと事前に準備体操や運動を行うようにしましょう。

特に気を付けたいことは以下の2点でしょう。

  • 体温を低下するのを防ぐ
  • 低下した体温を回復させる

体温が低下すると走行中は戻らない

まず、防寒対策ができていない状態で走行すると、走行中に受ける風であっという間に体温が低下してしまい、さらに走行が終わるまで冷やされ続けることに。

そうなると体の動きだけではなく、思考も鈍り、ライディングに集中できなくなります。

そのため、走行前に防寒対策をしっかりと行うことが重要になります。

防寒対策についてのおすすめ商品や、寒い時にサーキットに持っていきたいものを紹介しています。↓

【バイクのサーキット走行】冬場の走行どうしてる?おすすめ防寒対策まとめバイクは車と違って体がむきだしの状態で乗るため、冬場になると途端にバイクに乗るのがきつくなりますよね。 特に真冬のサーキットはとに...

エンジン性能的には冬場の方がいい


冬場はデメリットばかりではありません、エンジンのパワーが一番引き出されるのは間違いなく冬場となります。

なぜなら冬場は気温が低く、密度の濃い空気になるため、エンジンの出力が大きくなります。

エンジンは空気中の酸素を吸い込み、ガソリンと混ざり引火することで動力にするため、同じ量の空気を吸い込んでも密度が濃い空気を吸い込む方が爆発は強くなります。

そのため、エンジンの出力という視点で考えれば確実に冬場の方がタイムが上がる条件であるとも言えるでしょう。

まとめ

冬場の走行で気をつけるポイントは、

  • タイヤをしっかり温める
  • 人間もしっかりウォーミングアップして温める

になります。

気温が低いとタイヤも人間も本来のパフォーマンスを発揮することができません。

しかし、唯一エンジンだけは寒ければ寒いほど最大のパフォーマンスを発揮します。

そのため、事前にしっかりとウォーミングアップをし、しっかり温めたタイヤで走行すると冬場でもしっかりとタイムを更新することができる要素が詰まっているため、ぜひ冬場でもサーキットを走り込んでライディングテクニックを磨きましょう!

【初心者必読】バイクでサーキット走行する時に知っておきたいことバイクに乗っている人の中には、 「バイクが大好きで上手くなりたいけど街中だと思いっきり走れない...」 「もっとライテクを磨...

ツーリング前のおすすめホテル予約サイト

1位:楽天トラベル
国内旅行の宿だけでなく、ツアーやレンタカー、高速バスなども予約することができます。
国内の宿は掲載施設数約30,000件の中から選ぶことができます。旅館やリゾートホテルも掲載されているものの、主にゲストハウスやビジネスホテルが多めの傾向であるため、安い宿を探すにも向いています。
さらに利用額100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントも貯めるこrともできます。
おすすめ度
提携店数 約30,000件
特徴 旅行関連サイトの訪問者数No.1で安心・提携点数がとにかく多い

公式ページ

2位:トリバゴ
国内外の宿泊施設の料金比較が行えるサイトのため、どこよりも安く探せます。
また、全世界約190ヶ国の旅行会社と提携し、約130万件の宿泊施設の料金を比較することができます。
検索方法も場所や宿泊日を選択するだけで簡単に周辺の宿泊施設を検索してくれます。
とにかく宿を抑えたい人は、まずトリバゴで料金比較をしてみるといいでしょう。
おすすめ度
提携店数 全世界約130万件
特徴 場所や日程を選択するだけで簡単に検索できる

公式ページ

3位:ゆめやど
平日に特化しているため、提携件数は少ないものの、限定価格や限定特典などといったお得な特典がたくさんあるため、平日にツーリングに行くのであればぜひ利用したいところです。
おすすめ度
提携店数 100件以上
特徴 平日に特化した分お得な特典や割引が多数ある

公式ページ

ツーリングの前に入っておくと安心!おすすめロードサービス

JAF
車のロードサービスでおなじみのJAFはバイクでも利用することができます。
24時間いつでもパンクやバッテリー上がりなどあらゆるトラブルに対応してくれるため、ツーリング時のもしもに備えて加入しておきたいところ。さらに会員であれば全国約25,000施設を優待価格で利用できます。意外とツーリング先の宿や温泉で優待割引が受けられたりするのも嬉しいところです。
おすすめ度
サービス内容 故障全般サポート・レッカーサービス
会費 入会金:2,000円・年会費:4,000円
特典 全国約25,000施設で優待割引を利用できる

公式ページ

ZuttoRide Club
バイクの盗難保険で有名なものの、ロードサービスプラン単体での加入もできます。
故障全般サポートはもちろん、24時間対応のため、ツーリング先でのトラブルも安心です。
さらに万が一に備えて盗難保険にも加入しておけば安心してバイクライフを楽しむことができます。
おすすめ度
サービス内容 故障全般サポート・レッカーサービス
会費 ロード50(レッカー50キロまで無料):5,900円
特典 盗難保険と組み合わせると保険料がさらにお得・毎月プレゼント特典

詳細ページ公式ページ